コンセプト

質感のある家

子供の目線で家を見ると絵本で見たときのお菓子のような家がとても解りやすい。しかし、見た目重視のものはいずれ飽きてしまいます。 素材から職人の技によって質感を引き出す。
その結果として京都の町家等は今でもその造りで人を癒す事が出来ます、これは当時の大工・左官等職人のレベルの高さであり、木・土等を人の感性を通して緻密に制御しているためだと思われる。
日本の昔からの家造りに永遠と繋がっていて職人の造った和の空間のレベルの高さにあると思います。
さらに、その中でも素材感の部分が地域性であり文化でありその部分を手に入れて開発する必要があると思います。

構造の見える家

  • 通し柱

    通し柱

    子供の目線で家を見ると絵本で見たときのお菓子のような家がとても解りやすい。しかし、見た目重視のものはいずれ飽きてしまいます。
    素材から職人の技によって質感を引き出す。その結果として京都の町家等は今でもその造りで人を癒す事が出来ます。

  • 和小屋組

    和小屋組

    屋根になる骨組みを小屋組と言います。洋小屋と和小屋があります。
    屋根荷重は垂木、母屋を通して小屋組に伝えられますが、小屋組は、屋根荷重を支えて柱へ伝え、軸組と一体となって外力に抵抗します。

  • 洋小屋組

    洋小屋組

    構造形式のひとつで、三角形を基本にして組んだ構造です。材質としては木材や鋼鉄が使われることが多く、洋小屋で用いる骨組みです。

  • 大黒柱

    大黒柱

    中央部にあって、家を支えている柱です。他の柱より太く、家格の象徴とされています。大極柱ともいいます。

天然素材の家

住宅には加工した建材よりも自然素材そのものを建材として使うのが理想です。
加工したものは年数とともに朽ちていきます。
自然素材を使用した場合は年月ともに味わいが出て人に癒しを与えます。
自社管理のもと素材の加工を行っています。

自然塗料の家

木材に塗装を施すことで、木の風合いを生かしつつ、乾燥や腐食から守ることができます。
塗装には、柿渋、ベンガラ、エコラック等、体にやさしい自然塗料を中心に使用。
自然塗料は、シックハウス症候群や化学物質過敏症にも配慮、家族が健やかに暮らせる室内環境をかなえます。

  • 柿渋

    柿渋は、タンニンの多い渋柿の果実を長時間熟成し、発酵させた天然塗料です。
    古くから木、竹、布、紙、漁網などの染料剤、防腐、防水剤、補強剤として用いられてきました。
    ホルムアルデヒド等の化学物質を吸着し、優れた抗菌作用があります。
    柿渋に含まれる柿しぶタンニンは、やけどや切り傷の手当て、へび毒や蜂毒の中和、高血圧症の予防や二日酔い防止にも効果があるといわれており、化粧品の素材や酒類の透明度を上げるための清澄剤としても使用されています。

    主成分:渋柿タンニン
    メーカーHP:株式会社トミヤマ

  • べんがら

    べんがらは酸化鉄を主成分とする安全な無機顔料です。
    柿渋等と混合して使用すると防水・防虫・防腐作用があり、化粧品、塗料、インキ、食品等に広く利用されています。
    カラーは黒、赤・黄・ベージュ・ダークボルドー・茶・朱の7色の他に白(酸化チタン)・濃茶(古代色風)とバリエーションも豊富。
    時間が経っても変色しにくいという特徴があります。

    成分:酸化第二鉄
    メーカーHP:株式会社トミヤマ

  • エコラック

    エコラックは食品用アルコールと天然樹脂で作られている、人体に無害の塗料です。さわやかなアルコールの匂いで刺激臭もなく、ホルムアルデヒドその他有害な物質は含みません。
    木材の反りや収縮を防ぐとともに、表面を傷や汚れから守り、木目の美しさを際立たせます。

    成分:白ラック(天然樹脂)、発酵アルコール

  • エコカラー(アクレックス ポアーステイン)

    エコカラーは、アクレックスポアーステインにメタノールと水を加えた塗料。
    ポアーステインはVOC含有量が少なく、厚生労働省指定の毒物・劇物に該当しない、低臭で環境に優しい水系顔料着色剤です。
    キシレン、トルエン、エチルベンゼン、ホルムアルデヒドを使用していません。
    ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆(W01079)

    成分:合成樹脂類、顔料類、添加剤類、助剤、脂肪族系溶剤、メタノール、水

地材地消の家

地域の木材を地域で使う「地材地消」間伐材からはじまる豊かな循環型社会。
北海道で育った木材は地元の気候になじんでいるから住宅の材料にとっても最適。
地域の活性化にもつながり循環していきます。

工場案内

道産カラマツを主体とし、エゾトドマツ、ヒノキ、ヒバ等の木材を自社工場で加工しています。
木の特性を知り尽くしたベテランの職人が、墨付けから丁寧に作業を行います。
建具や、家具もオーダーに合わせて職人が手作りしています。

  • 墨付け

    設計図面をもとに、柱や梁などの構造材や造作材に正確に印を付ける作業をしていきます。

  • 切込み

    墨付けされた木材を慎重に切っていきます。

  • 塗装

    加工した木材に塗装します。
    動画ではエコラッククリアを使用しています。

  • 建具

    職人の技術を活かした手作り建具を作成しています。

  • 家具

    職人の技術を活かした手作り家具を作成しています。